このサイトでは実際に住宅を購入しようとしている人のために、注文住宅を建てる際にかかる費用やそのローンの組み方、安く買うためのポイントや注意点などを紹介していきます。
初めての家づくりで、わからないことがたくさんあり悩む人も多いと思いますが、そのような人にとって少しでもこのサイトが役に立つことを願っています。
住宅の購入の仕方や予算についての様々な知識を得て、後悔のない家づくりができるようにしていきましょう。

注文住宅購入にかかる費用

注文住宅購入にかかる費用 注文住宅を建てる際にかかる費用は、選ぶメーカーによって様々ですが建物代だけなら2500万円から4500万円ぐらいがよく聞くラインです。
そこに、建物代金だけでなく土地代金や土地の整備代金、その他の諸経費がかかってきます。
メーカーによってかかる費用は大きく変わり、大手で宣伝・広告などが多いところである程価格帯は高いことが多いです。
地元に密着した工務店であれば、金額を抑えて建てやすいということもあります。
はじめから間取りの型が決まっていると安価に抑えられますが、変わった間取りにしたりオプションをどんどん付けていくと金額は膨れ上がってしまいます。
注文住宅を購入する前に「自分達は何円まで出せるのか」と決めてから行動を始めていくと安心です。

注文住宅の費用相場を知るには建設費が基本

注文住宅の費用相場を知るには建設費が基本 注文住宅を建築するときに参考したいのが費用相場ですが、その時に基本となるのが建設費です。
土地以外にかかる費用のことで本体の工事費と付帯工事費を合算したものです。
本体工事費は建物の本体にかかる費用で基礎や構造、造作など、付帯工事費は外構設備にかかるもので造園や配管、地盤整備などです。
全国平均は3308.2万円で東京が最も高いようです。
前提として確認したいのが土地の購入の有無で、注文住宅だけを購入するときと土地と住宅を購入する場合では総合費用も違います。
土地も買う場合は地域によってかなり注文住宅の相場も違います。
住宅と土地を一緒に買うと、地価の影響が大きくなるため総額でも地域差があります。
例えば全国平均は3955万円ですが、最も高い東京だと5629万円にもなります。
相場を考えるときに大切なのが広さや建物の階数、地域です。
田舎だと広くて安い家が建築出来ますが、都会だと狭くて高い家になります。
田舎は土地が広くて条件に左右されず家が建築可能で人件費も安いです。
建築は述べ床が広いほど坪単価も安くなりやすく、都会だと狭小地が多いので建築条件を満たすのに費用がかかり、3階建住宅も一般的で建築費も高くなります。

住宅の情報サイト

流山市の注文住宅情報サイト