購入する際の注意点

購入する際の注意点 注文住宅を購入する際には、必ずチェックが必要になる項目がいくつもあるので、事前に把握した上で建てることは必須要件です。
土地に対してのチェックも必要とされます。地盤の強さが肝心になり、軟弱な土地の場合は地震の被害を受けてしまうので、プロの専門会社を通して調査を行うことが必要です。注文住宅は殆どの内容について、設計士と施主との間で話し合いが行われます。できるだけ実績豊富で既に建てた家を事前に見学できるようであれば大きな問題はありませんが、実績があまり無い会社の場合は注意が必要です。耐震性に優れている家を建てることは大前提ですが、それ以外にも窓の位置決めや風通しの良さ、生活動線の状態なども細かく知ることも大切です。せっかく注文住宅を購入しても、実際に生活をしてみると湿気が溜まりやすい家になってしまったり、窓によって太陽光が入り込み過ぎという事例もあるので、この点には配慮が欠かせません。水周りの設備については後からリフォームすると、どうしても高額になるものなので、少しでも優れた性能を有しているものを見極めることも大切な注意点です。

注文住宅を購入する場合の流れ

注文住宅を購入する場合の流れ 注文住宅を購入しようと決断したら、まずは情報収集を行って住みたい家のイメージを固め、予算を決めます。概要が決まると見積を出してもらうことができますので、数社に依頼して比較します。
その中でもっとも良いと思った業者と請負契約を結び、間取りについても更に詳細に詰めていくのが最初の具体的な作業です。注文住宅は自由度が高いので、建て主の要望が反映されるため、決めなければならないことがたくさんあります。契約を結んだら、建築確認申請と住宅ローンの申し込みをすることも忘れてはいけません。住宅ローンの手続きを住まえたら着工し、建物が完成したら営業担当者や工事責任者と一緒に建物をチェックして引き渡しという流れです。チェックをした時に何か不具合が見つかったら、もちろん直してもらうことができます。問題がなければ鍵の引き渡しを受けて完了検査済証と保証書を受け取り、いよいよ入居となります。入居の時期に関しては建て主が自由に選ぶことが可能です。